自律神経失調症の諸症状を知ろう〈マイBODYヘルスチェック〉

医者

ニュース一覧

体調を改善する

耳

不調の症状として言われる耳鳴りですが、人によってはめまいを伴う場合もあります。老化が進むと耳鳴りが発症しやすいと言われていますが、体調不良が原因の場合も多くあります。

もっと知ろう

耳の病気の一種

耳

「耳鳴り」や「難聴」は、誰にでも起こりうる病気です。日常生活で多くの方が経験する症状であり、誰にでも見覚えがあると思われます。 治療をするときには薬物療法を用いることが多くあり、酷くなると手術も行ないます。

もっと知ろう

医学用語ではない

自律神経失調症は医学用語ではない?

医者

体調不良で病院にかかったときに、自律神経失調症の診断を受けたという経験は一度はあるのではないでしょうか。そもそも自律神経失調症がどういう病気なのかというと、実は「病名がつかない症状全般」を指す言葉なのです。 古くは、西欧で血圧変調に伴う症状全般を指す言葉が語源となっているようです。体内の状態を一定に保つ機能を持つのは自律神経ですから、その自律神経がおかしくなってしまうと体全体の調子が狂ってしまいます。しかし自律神経を狂わせた大きな原因は不明ということから、自律神経失調症という言葉ができたのようです。日本では、この自律神経失調症という言葉が大変多く使われています。 しかしこの自律神経失調症という病名ですが、実は医学用語として登録されているわけではないのです。

実は患者さんのための診断名

ではなぜ医師は自律神経失調症という診断をつけるのでしょうか。 理由のひとつが、患者さん自身を不安にさせないためです。検査の結果、何も悪いところはないので「病名なし」と言われたとします。その時は納得できたとしても、体調不良が改善と悪化を続ければ、やがて不安になります。もし何か悪い病気だったら、と考えてしまうこともあるでしょう。しかし診断を受けていれば、自分はこういう病気なのだと、不安は軽減されるものです。 もうひとつに医療保険の問題があります。自律神経失調症は保険適用となっているため、それに伴った診察、検査、処方は保険適応後の負担額になります。もし自律神経失調症という診断がなければ、10割負担となってしまいます。 しかし安易な自律神経失調症という診断は、明確な病気の判定を遅らせ、治療を遅くしてしまう危うさもあります。もし本当に体の不調が続くようなら、一度精密検査を受けてみることも必要なのです。

精神的な部分からくる

心臓

現代では精神的な病気が多く発見されており、特にストレスの多い日本では様々な症状が見つかっています。心が大きく関係している症状に自立神経失調症と呼ばれるものがあり、改善する為にも食事バランスを整えることが大切です。

もっと知ろう